FC2ブログ
2008-05-16

竹の露酒造 山菜採り

平社員1号です。

先日地元の酒蔵「竹の露」さんがで行われた
山菜採り&日本酒を浴びるほど飲む会に参加しました。
(正式名称忘れました)

こちらのお酒は、羽黒町の地下数百メートルからくみ上げる
甘露な地下水で作る、旨口のお酒が有名で
地元もそうですが、最近では、海外でも人気の高い
酒蔵です、平社員1号も「べらんめー」な気分の時に
ちょくちょくお世話になっております。

会社の駐車場に、とてもざっくばらんに地下水の出る
水道があり、そこで誰でも勝手に水を飲むことが出来ますが
甘く清らかな味で、良い酒出来そうな予感を放っています
是非みなさんも、こっそり飲みに行ってください。
ポリタンクに詰めて帰る人もいっぱいいるようです。


と、この間戴いた大吟醸を飲みながら書くブログは
こうして竹の露さんの、宣伝で幕を開ける訳ですが

会社に行くと、机の上に竹の露さんからのFAXで
「山菜採り 土曜日13時集合」
見たいな事が書いてあり
土曜も当然仕事の僕としては「チャーンス」と思いました

仕事に行くフリして仕事サボって遊べるぞと

ところが、渉る人生鬼ばかりとテレビで宣伝するとおり
世の中甘いことはなく、勤務時間にのほほんと自然を満喫
しようと思った僕にとっては、結構きつい山菜採りでした
事前調査できつくないと言われてたので、山に入る前
皆さんがプロ仕様に着替えるのを、絶望的な眼で見てました
後ろにも数人同じ雰囲気を醸し出す人がいたので
すくわれたのですが

もう既に文章がとても長くなり、しかもここまで来ても
大したオチを思いつかない平社員1号は
寝ることにします。

続きは後ほど

スポンサーサイト
2008-05-05

立川談志

平社員1号です。

昨日は呉服屋の若旦那に誘われ、生まれて初めて
着物を着て立川談志の落語を見に行きました。

色々有りすぎて、一度では書けませんが
一つ、立川談志の事です。

僕は落語好きですが、そうなったきっかけは
15年くらい前に、テレビで見た立川談志の落語です。

それまで、落語=笑点だと思っていましたので
どちらかというと、時代遅れのエンターテイメントと
思っていました。

確か夜中の一時半頃から三時までくらいだったと思いますが
初め寝ながらBGM代わりに付けていたテレビに談志が登場し
演じ始めたのが「ねずみ穴」という落語で
テレビには終始座布団と談志だけ

次の日早いにもかかわらず、最後はテレビの前で
正座して聞いてしまい、朝まで寝れませんでした。

凄い物をみたと思いました

昨日の立川談志は、体調不良で声が出なくなり
急遽弟子を2人つれて、顔だけだしたと言う感じでした
挨拶と、最後に精一杯の小咄を、文字通り
本当に声がでなくなるまで演じてくれました

前も書いたかも知れませんが、ある落語評論家が言った言葉
「私の一番の自慢は、心ん生、文楽の高座を実際に見たこと」
これは、僕にとっては、本当に羨ましいことです

僕は音源で立川談志の全盛期の落語を、何度も何度も聞いてきました
本人が認めている通り、昨日もし声がしっかりでても、全盛期には
及ばないと思います。

でも、昨日高座に上がった立川談志は
紛れもなく天才を超えた名人立川談志でした

会場に居ながら立川談志と同じ時代に生きていると言うことが
なによりうれしくて

僕は昨日の名人立川談志の高座を
誇りにしていこうと思います



2008-05-03

時間差で思う

平社員1号です。

正規の使い方ではないのですが
先日ひょんな事から香水を買うことになりました

全然解らないので、店員さんに聞いてみると
「フローラルな感じが良いでしょうか、それとも...」

その瞬間、僕は「え... フローラル?」と怪訝な顔を
したと思うのですが → (^_^; 多分こんな顔です。

そうしたら店員さんが、「それとも」に続けて
「ぶどうとか、レモンのような感じの香りのほうが良いでしょうか」

その時僕は「フルーティーくらい解らいでか」と思い
笑ってしまいました。

でも、店員さんの立場になって考えてみると
自分がフローラルといった瞬間のお客さんの顔を見て
咄嗟に「お...こいつフローラル知らん」と思い
次に出てくる筈のフルーティーと言う言葉を
「ぶどうとかレモン...」と言う様に瞬時に言い換えたことになります。

その時はなんだかおかしくて、笑ってしまいましたが

若い今時の店員さんでしたけど、凄くカシコイ人ではなかろうかと
帰りの車の中で思いました。

専門用語を理解出来ないのは、お客さんが悪いのではなく
悪いのはお客さんに理解出来ない言葉で話す
専門家の方だと思います

小さな出来事ですが、シチュエーションが変われば
お客さんに恥をかかせる事にもなると思います。

酔っぱらってるので、なんだか文章がややこしくなってしまってますが
なんだか勉強になったなと

時間差で思った出来事でした。











プロフィール

荒物雑貨屋

Author:荒物雑貨屋
インターネットの荒物屋 森茂八商店 平社員のブログへようこそ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる