FC2ブログ
2016-06-27

平成28年度7月号(第59号)茂八通信コラム

現場で家庭用掃除機が必要になり、結果として自宅の掃除機を新調しました。届いた掃除機の段ボールを家に置いておいたら、帰宅した嫁が早速気が付き、背中を丸めてボソボソと段ボールを開けている様子でした。僕は7時のNHKニュースに夢中でした。なにやら説明書を見ながらブツクサ言いつつ、猫と相談しながら、いろいろ組み立てていたようですが、程なく完成したようでした。早速嫁が掃除機掛けを始めたのがテレビを見ながら後ろの気配でわかりました。以前使用していた掃除機と違い、最新式の掃除機はすごく静かです。ウィーンという音が、テレビを見ていても全く邪魔になりません。世の中の進歩はすごいなーと思いつつ、しばらくして気が付いたのですが、掃除機の音が何やら息継ぎをしてるように思います。おかしいなと思って振り返り、縮み上がりました。なんと嫁がコンセントを差さずに、自分の口で「ウィーン」と言いながら部屋の掃除機掛けをしていました。思わず出たキツイ山梨弁で「おめーあにやってるだ!!」というと、「れんしゅー」という謎の答えが返ってきました。これだけ科学が発展した現在においてもなお、不可解な事柄というのは、もしかすると今夜も皆さんが7時のNHKニュースを見ている、そのすぐ後ろでも起こっているのかもしれません。大抵のことは、そのまま気づかずにやり過ごしているのでしょう。実際に満を持してコンセントに差し込み、掃除機を点けてみると初め静かだな~と思った感動の反動も相まって、爆音でした。
スポンサーサイト
2016-06-27

平成28年6月号(第58号)茂八通信コラム

東京出身の嫁が、東京は世知辛いが、鶴岡は人情味があるといいます。なんでと聞いたら、嫁曰く主婦の店の米売り場でどの銘柄にしようかと悩んでいたら、隣にいたおばさんが「の~ まようの~」と言ってきて、思わず笑ってしまったと。東京だってそういう事もあるんじゃないと聞くと、そんな事は無いと断言します。その証拠に…と話が続いたのですが、不思議な話でした。東京に帰省しているときに、人々の雑踏の間から、猫がさながらロケットの様な猛烈な勢いで飛び出してきたのだそうです。そしてその猫ロケットは、一直線に嫁の弁慶の泣き所に直撃したそうです。嫁に言わせると、とにかくその猫が「すげーイシアタマ」だったそうです。そのすげーイシアタマの猫が弁慶の泣き所に激突した瞬間、ゴツンとものすごい音がして、思わず雑踏の中「いてー」と大きな声が出たそうです。うずくまって足を擦りながら恥ずかしくなって辺りを見渡すと、沢山居る人たちが全員知らないふりをして、目をそらし通り過ぎていったそうです。思わず嫁は心の中で、「みなさん!!今すごいイベントが起こりましたよね!!みなさん、ごらんになりましたよねー!!」と叫んだそうです。結局誰も目を合わせてもくれず、仕方がないので誰かに話したい衝動を満足させるために、そこらへんにあった店に入り、要りもしないものを買い「今ですね~」と説明して帰ってきたというのです。「東京はせちがれっ」と怒る嫁の出身地は東京都東村山市で、僕は微妙な線だと思っています。
2016-06-27

平成28年5月号(第57号)茂八通信コラム

先日ソファーをローソファーにして大失敗した話を書きましたが、後日談として、yahoo知恵袋に知らない人が「教えてください!!」「足を切って短くした椅子を、もとに戻す方法!!」と書いてるのを目撃して、大爆笑したことを思い出しました。きっとその人も足を短くする時、酒にやられてたんでしょう。さて本日の疑問は、単なる「おかわり」なのか、「洗ってない食器を使う不潔野郎」なのかと言う、恐らく解決不能な命題です。状況を説明しますと、例えば朝コーヒーを飲みます。続けて二杯目を飲んだら、これは誰に後ろ指を指される事も無い、完全無欠の「おかわり」です。では朝7時半にコーヒーを飲み、8時15分に飲んだ場合、これはやはり「おかわり」でしょう。しかし9時あたりに飲んだとしても、これはやはり多くの人が「おかわり」で通すと思うのですが、意外とそうでないと感じるグループが出てくる可能性があります。10時半のティーブレイクに朝使ったマグカップを使った場合、男性の12%、女性の75%程度から、そろそろ「信じられない」等の言葉がちらほら出始める筈です。しかし、ここでも単純にいかないのは、例えば中身がコーヒーの場合、それもブラックかミルク入りかで違いますし、季節でも当然違ってきます。中身がコーンポタージュの場合は、男性でも7割以上の人が違和感を持つ筈です。ここで僕は疑問に思う事が有るのですが、中身が同じでも明確な違いが出る理由として、一度席を離れたかどうかで、大分印象が変わるという事です。朝コーヒーを飲んだまま、カップを脇に置いて仕事をし、そのまま10時になった場合は、結構「おかわり」で通用するように思うのです。トイレに立ったくらいではこれは変わりません。しかし例えば家でコーヒーを飲み、一度職場に行き、何かの理由で10時に帰宅してそのまま飲んだら、これはどうでしょうか。意外と不潔野郎感が出始め、昼だと完全にアウトという感じではないでしょうか。僕もさすがに朝ご飯を食べた茶碗で昼ごはんも食べることは到底できません。同じ問題として、何故トイレの己のビッグが気にならないのに、一度ドアを出て何かの拍子に戻った時に自分のビッグの気配を感じたとき。あんなに大好きだった自分なのに、すごく距離を感じて、まるで他人のものと同じような嫌悪感を抱くのか?ひそかに一番書きたかった事を、可能な限り上品にさりげなく混ぜ込みましたが、話を戻し、この単なる「おかわり」と「不潔野郎」の境界線は何処に存在するのか?食事が食べ残しに変わる瞬間はいつなのか?もしコーヒーを3時間おきに飲み続ければ、マグカップは未来永劫洗う必要がないのか?焼酎のロックだったら次の日も次の日も洗わなくても大丈夫と思っているのは僕だけなのか?何故ずっと家にいればカレーは安全だが、外出すると危険になるのか?何故何も悪い事してないのに僕の携帯の電話帳は、一度全部二重に表示されるようになった後、ちょっといじっただけで、ひとつ残らず消えてしまったのか!? ? ?
2016-06-27

平成28年4月号(第56号)茂八通信コラム

取引先の畳屋さんの奥様は、いつも子供たちを怒っているのだそうです。自分が晩酌をしているときも、子供たちをしかりつけているので「あなたは、よくそんなに四六時中おこっていられるなー」と奥さんに言ったら、もう滅茶苦茶怒られたそうです。自分の危機管理能力が酒のせいで鈍ったせいだと肩を落としていました。確かにお酒は人の判断力を鈍らせます。僕もかなり昔ですが、家族がいない隙に、酔っぱらった勢いで、ソファーの足を無くしてローソファーにしてしまったことがあります。いざローソファーにしてしまうと、でかい座椅子のようになってしまい、座るたびに集団で後ろに転げ、集団で壁に頭をぶつけるという、さながらドリフの大爆笑的な状況が起きるのです。確かにひっくり返ったソファーの向こうから足が六本出ている風景は、見ている方は大爆笑ですが、転がる本人達はなんも面白くも可笑しくもありません。しかもここは我が家なので、見ている人なんかいません。転がる人だけです。しかし酔っぱらっていたために正常な判断ができなかった僕は、安直にソファーの足を切ればローソファーになると思っておりました。しかも翌朝起きてみると、足を切断する過程で何があったのかわかりませんが、ソファーの一部が焦げ、それを慌てて消火したと思われる水たまりと、脇に鍋が転がっていました。思い出したのですが足を切ったらソファーを固定するボルトが直接地面についてしまい、さながら貴族用の高級シーソーのようになってしまったために、酔ったまま作業場まで行き、グラインダーで切断するその火花がソファー生地に着火し燃え移り、災害に発展したものと思われます。その煙に巻かれてあの時僕が死んでいたら、さすがのシャーロックホームズも眉をひそめたに違いありません。中から鍵がかかった完全なる密室状態の中、亡骸からは大量のアルコール。傍らに転がる凶器と思われるグラインダー、そして燃え残った謎の高級シーソー。他殺か自殺か。皆さまお酒を飲んだら、なーんも考えないほうが良いですよ
プロフィール

荒物雑貨屋

Author:荒物雑貨屋
インターネットの荒物屋 森茂八商店 平社員のブログへようこそ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる