2016-09-06

平成28年度9月号(第61号)

冷房のない生活をしばらくしていたことがります。地獄でした。現在鉄筋コンクリートの4階に住んでいますが、ベランダなどが無いために、エアコンを設置するにはエアコン代のほかに50万円位の足場代が必要だといわれた為です。数年我慢しましたが、鉄筋コンクリートというのは、熱容量が大きく、夜になってもいつまでもポカポカと、たまらなく暑いのです。足場を組んでからどのような作業をするか聞いてみたところ、屋上から降ろしたパイプを外から通すだけで、作業としては45秒位ですとのことです。耐えられなくなった僕は東京に行き、当時最新式のブランコ作業高所用具を一式講習付きで買ってきました。30万円ほどでした。テレビなどでは見たことがあるかもしれませんが、ロープに小さなブランコと呼ばれる板をつけて、それに座って体一つでぶら下がるアホな道具です。講習を受け、安全確保も万全で脚立よりも格段に事故が少ない、現実にはとても安全な作業なのですが、如何せん見た目は最悪です。人間なんかちっぽけだなということを、立体的かつ視覚的に解り易く表現してくれます。屋上から身を乗り出しロープに荷重がかかるまで手でぶら下がる工程は、何度降りても慣れません。荷重が掛からなかったら、腕力のみで戻らなければなりません。作業中にロープのたるみが伸びて、どうしても突然5㎝くらい下がる時があるのですが、どっか口では無い所から「の!」みたいな声が出ます。何はともあれ、とりあえず命を懸けてエアコンを設置したわけですが、実際にエアコンを設置してみると、あまり使いません。気付いたのですが、エアコンがあるのに付けないで団扇などで過ごすのは風流ですが、エアコンが無くて暑さの中のたうち回るのは、全く風流ではありません。つまりうちの場合はエアコンを設置するだけでスイッチのオンオフにかかわらず過ごしやすくなりました。先日は食器洗浄機が壊れました。夕食の食器洗いは半分僕の係です。この世の終わりだと思いました。アドダミダと思いました。一刻も早く買わなければ家族が猫ごと全滅すると思いました。明日電気屋さんが開くまでどうやって耐えようかと思いました。溜まった洗い物の前で、どうしようどうしようと狼狽していると、嫁が「仕方ないから手で洗うか」と言いました。反射的に「どうぞ宜しくお願い致します」と丁重に言いながら、心の中で「そっか、手でも洗えば洗えるのか、逆にね!!」と目からうろこが落ちました。人工知能が発達して、やがて人間を駆逐し始めるなどと、SFじみた話題がありますが、僕は既に白物家電にガッチリ支配されています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

荒物雑貨屋

Author:荒物雑貨屋
インターネットの荒物屋 森茂八商店 平社員のブログへようこそ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる